悲しい現実…絶対見返してやる

昔から筋肉太りが解消されなくて、お菓子が大好き、結構食べる生活を続けていて動けるぽっちゃり的な感じで学校生活送っていました。小学6年生の時と、今では2~3kgしか変わらないくらいなので昔から大きい子でした。運

動部に入っていた兄の影響でご飯も多めな生活。裕福な家庭ではないからこその質より量の食事になっていました。学生時代も細い子や知らない男子に陰でヒソヒソと色々言われていたけど1番悔しくて痩せる原動力になったのは社会人になってやりたい仕事の面接を落ちたことです。5年間続けてきた仕事を辞めて、専門学校に入学することが決まっていたのでアルバイトを探していた時でした。その職業は容姿も大事です。自分で言うのもなんですが、そこまで化粧しなくても見れる顔だと思う…結局顔より体型か!と思いました。ホントに「痩せればいいのになあ」とか「なんか惜しいんだよなあ」とか「バストアップ写真ならいい感じ」とか過去に散々言われてきました。V系アーティストが好きなのでライヴとかも行くんですが他のファンの方は細い人が多くて毎回悲しくなります。

道行く人で、失礼ながら可愛くもかっこよくもないのにスタイルはめっちゃいい人を見るとキーッとなってしまいます。きっと、努力してる方もいらっしゃるんでしょうが…。今は色々試行錯誤して頑張っているところです。ネットやテレビを見て、〇〇kg痩せたビフォーアフターとか見る度に、やる気をもらっています。いつか自分の体験を投稿するぞ!という勢いでエクササイズ、我慢しすぎないダイエットして行きます。絶対見返して面接落ちた店の前通ってやる!